亜麻仁油のダイエット効果やアトピーコレステロールの作用を調査

 

亜麻仁油のダイエット効果

 

亜麻仁油というと、テレビ番組やコマーシャルなどで見たり聞いたりしたことはあるかもしれませんが、亜麻仁油を実際に使ってみたことはまだないという人も少なくないことでしょう。

 

最近では、健康に気を使ったり、いつまでも若々しくいたいと願う人の間で、亜麻仁油のような健康や美容に効果的とされる油が注目をあつめているようです。

 

これまでは、食用油というと、その原料にまでは、それほど気を使わないで、お店で売られている油のパッケージに書かれているような情報をもとに、油を購入していたというケースも多いでしょう。

 

また、油というと、あまり体によくないとうイメージがあったり、太ってしまう原因にもなるといえます。油の多くは、そのような可能性もあるといえますが、最近、話題となっている油のなかには、亜麻仁油のように健康によいという成分が多く含まれているものもあるので、上手に亜麻仁油を食生活に取り入れていきたいものです。

 

備考>亜麻仁油のダイエット効果

 

 

一般的な油と亜麻仁油の違い

 

それでは、一般的な油と、亜麻仁油のように健康に効果が期待できる油とでは、何が違うのでしょうか。それは、油の酸化しやすさが関係しているといえます。

 

たいていの油は、酸素に触れることで、酸化という現象を起こします。油に限らず、食べ物は酸素に触れることで徐々に酸化していくのです。人間の体にとって、酸化ということは、老化ともいえることから、体に不調が起きる原因にもなっています。

 

たとえば、鉄は、金属のなかでも酸化しやすいので、すぐにさびてしまいます。鉄がさびると、強度も低下してしまいますし、銀などの金属も、酸化によって、本来の美しい光沢をなくして、黒ずんでしまうことにもなるのです。

 

人間の体でも、そのような現象が酸化によって引き起こされてしまうため、少しでも抗酸化成分が多く含まれた食品を摂取することが健康維持のためや、美容の面からも大切なことといえるでしょう。

 

参考:亜麻仁油のダイエット効果

 

 

亜麻仁油の特徴:オメガ3系の油

 

亜麻仁油は、スーパーなどで市販されているサラダ油などに比べると、酸化しにくいといわれています。亜麻仁油には抗酸化物質が多く含まれているだけでなく、オメガ3系の油であるということが最大の特徴ともいえます。亜麻仁油に含まれるオメガ3系には、さまざまな効果があることで知られています。

 

たとえば、細胞間脂質を作ることです。通常、油分をとりすぎると、体に脂肪がついてしまうものですが、それは、内臓についたり、ぜい肉となって、健康を害することにもつながってしまうものです。しかし、オメガ3系の油は、同じ油分であっても、細胞間の脂質を作ることになるため、健康にとって、とても役立つ働きをしてくれます。

 

口コミ【 亜麻仁油のダイエット効果 】

 

 

亜麻仁油の効果:天然の美容クリーム

 

亜麻仁油のダイエット効果

 

細胞間脂質は、お肌の角質層にある物質で、肌の水分が蒸発しないようにしてくれる、天然の美容クリームのような存在です。お肌の乾燥に悩んでいる人は、この角質層の細胞間脂質が不足しているのが原因ともいえるので、亜麻仁油を摂取することで、乾燥肌の改善にもつながるでしょう。
もちろん、亜麻仁油を直接、肌に塗ったとしても、効果は期待できるかもしれませんが、細胞間脂質を増やすというよりは、直接、クリームのかわりとなるか、亜麻仁油がクレンジングのような役割になるかもしれません。

 

しかし、他の、酸化しやすいような油を直接肌に塗ってしまうと、お肌のトラブルが起こってしまったり、日光にあたることで油焼けを起こしてしまうことにもなりかねないので注意が必要です。

 

お肌など、美容の面で考えるのであれば、直接、肌に塗りたいと思うかもしれませんが、亜麻仁油は食品として摂取したとしても、吸収が早く、血液によって全身に運ばれるので、お肌の不調にも効果が期待できることでしょう。

 

また、それ以外にも、細胞の活性化などが期待されるため、亜麻仁油はお肌以外にも全身の細胞の活性化にもつながるともいえます。特に、亜麻仁油は脳の神経細胞については、一度死滅してしまうと、増えるということはないために、できるだけ、死滅させないようにすることで、認知症などの症状を抑えることにもつながっていくのですが、亜麻仁油はそれを助ける働きもあるといわれています。

 

PR☆亜麻仁油のダイエット効果

 

 

亜麻仁油の効果:αリノレン酸

 

亜麻仁油が細胞を活性化させるためには、αリノレン酸という成分が有効なのですが、亜麻仁油にはこの成分が多く含まれているのです。もちろん、他の食品にも含まれています。

 

亜麻仁油以外では青魚などが代表的といえますが、その含有量に違いがあり、毎日青魚を大量に食べ続けるのは大変ですから、亜麻仁油なら油としていろいろな料理に使うことができるのであれば、手軽で、長く続けられることにもなるでしょう。

 

健康のためには、体にいいと聞いた食材を、その時だけ、一度にたくさん摂取したとしても、すぐに効果が期待できるわけではありません。

 

亜麻仁油を毎日の習慣として、自然なかたちで食事の中に取り入れていくことで、何年もの間、続けられることになるといえます。

 

亜麻仁油はサラダのドレッシングとして使ってみてもよいですし、そのまま亜麻仁油を飲む人もいるようですが、とくに気をつけなくてはならないのは、亜麻仁油は、熱に弱いという性質を持っているために、亜麻仁油は炒めものなどには使わないようにすることです。

 

評判*亜麻仁油のダイエット効果

 

 

 

気になるダイエット効果痩せた人の口コミ

 

亜麻仁油のダイエット効果

 

亜麻仁油は、オメガ3系に分類されている不飽和脂肪酸です。また、亜麻仁油はオメガ9も含まれています。亜麻仁油にはコレステロールが含まれておらず、逆に亜麻仁油はLDL(悪玉)コレステロールを減らしてHDL(善玉)コレステロールを増やしてくれる嬉しい働きがあります。

 

油はダイエットの天敵のように思われていますが、亜麻仁油にような不飽和脂肪酸は健康や美容によくて、体脂肪になりにくい脂質と言われています。これは亜麻仁油に含まれている「αリノレン酸」が脂肪と混じり合わず、体脂肪になりにくいことが理由です。

 

亜麻仁油に含まれるオメガ3系脂肪酸は、体内で合成できず、含まれている食品が少ないのでよほど気をつけていないと不足しがちになります。

 

脂質は生命維持にとって大切なエネルギー源ですから、亜麻仁油などで適度に摂取する必要があります。その際に脂肪になりにくい飽和脂肪酸ではなく亜麻仁油のように不飽和脂肪酸を選んで摂取することで、健康的に痩せる効果が期待できます。

 

リンク=亜麻仁油のダイエット効果

 

 

亜麻仁油のダイエット効果3つのポイント

亜麻仁油を使ったダイエット効果のポイントは3つあります。

 

 

亜麻仁油のダイエット効果1:亜麻仁油に含まれる「αリノレン酸」

 

1つ目は亜麻仁油に含まれる「αリノレン酸」の存在です。これが亜麻仁油ダイエット効果の一番のポイントといっても良いでしょう。

 

亜麻仁油に含まれるαリノレン酸は脂質の中でも体脂肪になりにくく、血中の中性脂肪やLDLコレステロールを減少させてくれる効果があります。また、代謝をアップさせることでダイエットに効果が期待できます。

 

亜麻仁油に含まれるαリノレン酸は、体内に入ると青魚に多く含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)に変換されます。これらの脂肪酸は体内の脂肪を細胞内のミトコンドリアにどんどん運んでくれる役割を果たしてくれます。

 

ミトコンドリアはエネルギーの生成に関わる期間で、脂肪からエネルギーを生成することができます。

 

つまり、亜麻仁油からαリノレン酸を摂取することでミトコンドリアに運ばれる脂肪の量を増やし、脂肪がエネルギーとして使われやすくなるということがダイエットに効果があるということです。

 

逆に言えば、亜麻仁油を飲んだからといって直接脂肪が燃焼されダイエット効果になるわけではないということです。亜麻仁油によるダイエット効果はあくまで補助で、ミトコンドリアに運ぶ脂肪の量を増やしてくれるというのが正しい言い方です。

 

重要!亜麻仁油のダイエット効果

 

 

亜麻仁油のダイエット効果2:亜麻仁油に含まれる「リグナン」

 

亜麻仁油のダイエット効果2つ目は「リグナン」という成分です。

 

亜麻仁油に含まれるリグナンはポリフェノールの一種で、活性酸素の働きを抑制する働きがあります。この抗酸化作用により体が錆び付くのを防ぎ、細胞の老化を防いでくれます。細胞が老化すると見た目も衰えてしまいますし、新陳代謝が落ちるなどの弊害が出てきます。それを亜麻仁油に含まれたリグナンは抑えてくれます。

 

また、腸内で女性ホルモンのエストロゲンに似た成分に変換されることで、ダイエット中の肌トラブルや更年期障害の予防にも効果を発揮してくれます。そのほか、女性に多い骨粗しょう症の予防にも貢献してくれます。

 

注意・亜麻仁油のダイエット効果

 

 

亜麻仁油のダイエット効果3:亜麻仁油に含まれる「食物繊維」

 

亜麻仁油のダイエット効果3つ目は亜麻仁油に含まれた「食物繊維」です。

 

亜麻仁油に含まれた食物繊維は血糖値の上昇とコレステロールの吸収を抑えてくれます。また、亜麻仁油に含まれた食物繊維は排便を促す働きもあり、亜麻仁油の摂取はデトックスにもつながります。最近では腸の健康が重要視されていて、腸内環境が良い人ほどアトピーになりにくかったり、痩せやすい体質だったり、ボケにくかったり、といったことが報告されています。

 

また、亜麻仁油に含まれた食物繊維には血糖値の急上昇を防いでくれる働きもあります。炭水化物を摂取すると、小腸のマルターゼによって麦芽糖がブドウ糖に変換されます。亜麻仁油に含まれる食物繊維は腸管から取り込まれるスピードをゆっくりさせてくれるので、亜麻仁油の摂取は血糖値の急上昇を防ぐことができます。

 

亜麻仁油の摂取によって結果的に血糖値は上がってしまうわけですが、血糖値の急上昇を防げば糖毒性という糖から受ける体への害を抑えることができるので、亜麻仁油の摂取は糖尿病予防にもつながります。

 

また、亜麻仁油は膵臓から分泌される肥満ホルモンのインシュリンの分泌を減らしてくれるので、ブドウ糖が体脂肪として蓄積されにくくなります。

 

宣伝:亜麻仁油のダイエット効果

 

 

亜麻仁油の食べ方

 

亜麻仁油のダイエット効果

 

亜麻仁油は加熱すると栄養素が抜けてしまうので、亜麻仁油はサラダなどに加えてドレッシング代わりにして食べるのがオススメです。亜麻仁油は多少クセのある味なので最初は抵抗を感じるかもしれませんが、亜麻仁油と組み合わせる食材によってアクセントとして楽しめるようになります。亜麻仁油はドレッシング以外には、亜麻仁油をトーストやピザにかける、亜麻仁油をヨーグルトや冷奴にかける、などという摂り方でも良いです。

 

亜麻仁油の味に抵抗がない場合は、亜麻仁油をそのままスプーンで飲んでも良いでしょう。これが一番亜麻仁油の栄養を損ねない摂取方法です。

 

亜麻仁油の摂取に抵抗があるならば、亜麻仁油サプリメントも販売されているのでそれを利用すると良いです。ただし、亜麻仁油サプリメントも亜麻仁油も両方摂取すると、摂り方によっては亜麻仁油の過剰摂取につながるので注意する必要があります。

 

亜麻仁油は成分的に穏やかなので亜麻仁油による副作用はほとんど心配ないと言われていますが、ダイエットのために亜麻仁油の過剰摂取は控えましょう。ダイエット時の亜麻仁油の適量は1日5g(小さじ1杯強)です。一度に亜麻仁油を30g以上摂取すると下痢を引き起こす可能性があるので気をつけましょう。

 

たとえダイエットのために亜麻仁油を過剰摂取したからといって、すぐに亜麻仁油がダイエットに結びつくわけではありません。亜麻仁油はカロリーもそれなりにあるので、亜麻仁油を摂り過ぎればカロリー過多になってダイエットにはならない可能性もあります。

 

亜麻仁油ダイエットは1日5gを目安にして、継続的に摂取しましょう。

 

CMで有名#亜麻仁油のダイエット効果

 

 

 

えごま油のダイエット効果

 

亜麻仁油のダイエット効果

 

えごま油には、余分な脂肪を分解してくれるαリノレン酸が豊富に含まれているので、ダイエットに効果があります。良質なものを摂取することで体内に蓄積された悪い脂を取り除きダイエットすることができます。

 

ダイエット中に油の摂取は厳禁とされていますが、良質なえごま油であれば適量を適切に摂取することで、ダイエットできる可能性があります。ダイエットには毎日スプーン1?2杯が適量です。1日2g程度の摂取で十分です。

 

ダイエットのために炒め物などに使うのではなく、生のまま摂取するのがポイントです。スプーンでそのまま飲み込んでも良いですが、それに抵抗を感じる人はサラダにかけたり、スープに入れて使うと良いです。サラダ油のような匂いや味がなくてサラっとしているので、味噌汁や納豆など和食のものにもあいます。

 

このダイエット法ではえごま油を摂取する以外には、食事制限やカロリー制限をしなくて良いというメリットがあります。もちろん食べ過ぎは禁物ですが、栄養バランスのとれた食事を心がければOKです。

 

注目です!亜麻仁油のダイエット効果

 

 

脳の働きを良くする多価不飽和脂肪酸

 

普通の油との違いは、αリノレン酸が豊富に含まれている点です。

 

αリノレン酸は多価不飽和脂肪酸という、体内で作ることができないものです。オメガ3系の必須脂肪酸に分類されます。αリノレン酸は余分な脂肪を分解してくれる作用があるので、体に脂肪がつきにくくなります。ただし、過剰摂取は免疫力の低下を引き起こすので、摂りすぎには注意が必要です。

 

さらに、体内に入ったαリノレン酸はDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)に変換されます。これにはLDL(悪玉)コレステロールを減少させてくれる働きがあるので、血液がサラサラになって動脈硬化を予防してくれます。血管に柔軟性を与える効果も期待できます。

 

また、DHAは脳の働きを良くするので、学習や仕事の能力や認知症予防などにも効果が期待できます。
一般的には、DHAはひらめき、EPAは血液サラサラに良いとされています。

 

備考>亜麻仁油のダイエット効果

 

 

えごま油ダイエットのデメリット

 

えごま油ダイエットには、デメリットもあることを理解しておかなければなりません。それは、質の低下が早いことです。質の良し悪しは鮮度が重要です。空気に触れたり加熱することで、油は酸化されます。新鮮なものはダイエットに効果的ですが、酸化されてしまうと体に害を及ぼすこともあります。

 

開封したらすぐに使い切るようにして、古いものは炒め物などに使いましょう。油は光、熱、酸素によって酸化されてしまうので、冷蔵保存で酸化を防ぐようにしましょう。

 

参考:亜麻仁油のダイエット効果

 

 

トランス脂肪酸と不飽和脂肪酸

 

亜麻仁油のダイエット効果

 

油の質を理解しておくことも、美しく痩せるためには大切なことです。

 

食べ過ぎると体に良くない影響を与えるのは、不飽和脂肪酸とトランス脂肪酸です。不飽和脂肪酸は肉やバターなどに多く含まれていて、摂りすぎると体重増加につながります。

 

トランス脂肪酸はLDLコレステロールを増やして心臓病のリスクを高めてしまったり、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患を引き起こします。細胞の炎症を引き起こすので、美肌の大敵とも言えます。

 

トランス脂肪酸が多く含まれているのは、マーガリン、ファストスプレッド、ショートニングが材料の菓子パンや、アイスクリーム、クッキー、ケーキ、などです。見た目にはトランス脂肪酸が入っていないような食品も多く存在するので、気をつける必要があります。

 

これと逆に体に良い影響を与えてくれるのが、先ほどのえごまのような脂質の不飽和脂肪酸です。不飽和脂肪酸は構造の違いでオメガ3、オメガ6、オメガ9の3種類に分類されています。

 

口コミ【 亜麻仁油のダイエット効果 】

 

 

オメガ系脂肪酸を含む食品

 

オメガ3脂肪酸はえごま油、青魚などの旬の魚、くるみ、亜麻仁油、などです。

 

オメガ6脂肪酸は大豆油、コーン油、ヒマワリ油、などです。

 

オメガ9脂肪酸はオリーブオイル、アボカドオイル、アーモンドオイル、などです。最近ではアボカドオイルも人気があります。

 

オメガ9は体内で作ることができますし、オメガ6も普段の食生活で十分に摂取可能です。

 

オメガ3は体内で作ることができませんし、含まれている食品が少ないので不足しやすいです。現代人の多くはオメガ3が不足していると言われています。

 

オメガ3不足にならないようにするには、前述のように毎日スプーンでえごま油1?2杯(2g)程度の摂取を継続したり、食事の中でサラダやスープに入れて摂取すると良いでしょう。サプリメントを使う方法でも良いですが、基本的には食事から摂取したほうが良いです。

 

油は太るから摂取したくないと思うかもしれませんが、脂質が不足すると脂質に含まれるコレステロールを原料にしている女性ホルモンが不足して、肌トラブルが多くなってしまう可能性があります。肌荒れや乾燥肌に悩まされないで美しく痩せるためにも、良質な油の摂取を心がけましょう。

 

逆に、質の悪い油はなるべく避けるようにしましょう。たまに少しだけ食べるのであればそれほど害はありませんが、毎日摂り続けていれば太りやすくなったり、アトピー体質になったり、などの影響がでる可能性もあります。

 

PR☆亜麻仁油のダイエット効果